2019年8月 動くこころ絵本を作ってみました

「9月1日問題」で、毎年夏休みの時期に
苦しい思いをしている学生さんのために、
ささやかでも何かできないかと考えました。

また、日頃から頑張りに頑張りを
重ねていらっしゃる世の中のお母さん達にも
届くと良いなぁと願っています。

わたしが若い時に家庭内や学校生活で
聞きたかった言葉を入れました。

絵本のように気楽に、必要とされる方に
眺めてみていただいて、
ポジティブな感じや
「自分の気持ちやHappyを大切にしよう」と
意識が変わる感じを
少しでも体感いただけるようでしたら
とても嬉しいです。

平和への祈り

「自分の一番の親友は自分自身」と
子どもや大人が気づくために
お伝えをしている戸塚真理奈です。

月に一度ボランティアで伺っている
児童養護施設での
マインドフルネスと
ヨガのクラスが
今月、一周年を迎えました。

こころの中はこんな感じ!^^

クラス後ひとり1枚選んでもらっている自分ご褒美シール、友人で香道おやこ教室みやびkidsを主宰されている御家流香道香親会幹事の木下薫先生のご支援で
ニューアイテムがこんなに〜!

今日のクラスは
呼吸を中心とした
マインドフルネスのパート、
ヨガとダンスを取り入れた
動きのパートの後で、
ディスカッションをしました。

ーーー
私)今週は、終戦の日がありました。
今日は、戦争と平和の話をしようね。
みんなが生まれていない時代に、
日本は戦争をし、
そして負けました。
なぜ人は争うのでしょう。

子)「土地を増やしたいから」

私) 「それはどうして?」

子)「自分のとこの土地には
人が多すぎて、、」

私)「そっか。じゃぁ、戦争で
負けて自分の土地が取られちゃう
人たちはどんな気持ちだろう?

子)「悲しい気持ちになる」

私)「それから、それから?」

子)「相談して、一緒に住めば?」

「そんなの絶対無理!難しいよ」

「自分たちも土地が必要で、
どこか他の場所に攻めていく」

私)「そうだね。争いは、
争いしか生まないよね。

みんなも、誰かに対して、
イライラしたり
ムカッとしたりすることあるよね。

でも、その人に争いの気持ち、
喧嘩ごしに何かを言ったら、
相手は、そっか、
ごめんね、で済むかなぁ?」

子)・・・。(ちょっと静かに)

私)「いつも呼吸に集中の
練習をしているけど、
みんな、これをやると
気持ちが落ち着くって
教えてくれてるよね。

(スノードームを振りながら)
イライラ、心配、パニックの時
こころはこんな感じ。

でも呼吸をして
今のこころを静かに眺めていると
こんな風に
(振るのを止めて)
雪が下に落ちるように
心が落ち着いて、なかの
景色をよく見えて来るんだよ」

ーーー

そんな話し合いをした後で、
今日は「祈りの瞑想」を。

マインドフルネスやヨガ、
瞑想の世界では
「慈しみの瞑想」として知られ、
わたしが個人的に、
大・大・大好きな瞑想です。

普段は大人の
マインドフルネス講座で
お届けしていることを、
今日は子どもたちに。
彼らに通じやすいよう、
またディスカッションの
テーマに合わせて
文言を少しアレンジしました。

祈りをすると、
どんな気持ちになるのかな。

わたしが、元気でありますように
わたしが、穏やかでありますように
わたしが、優しくありますように
わたしが、平和でありますように

ここにいるみんなが、元気でありますように
ここにいるみんなが、穏やかでありますように
ここにいるみんなが、優しくありますように
ここにいるみんなが、平和でありますように

世界のみんなが、元気でありますように
世界のみんなが、穏やかでありますように
世界のみんなが、優しくありますように
世界のみんなが、平和でありますように

いつもは瞑想中に、
クスクス笑ったり
身体をつい動かす子も
いますが、
今日は、言葉では
言い尽くせない
「神さまが降りてきた」ような
全くの静寂の時となりました。

この子たちが
生まれた環境の
試練を超えて成長した時、
きっときっと、
自分発で平和な世界を
作れる大人になる。

わたしは、そう信じる。
そう、祈る。

そんなことを
強く感じた
今日でした。

お読みくださり、
ありがとうございます。

真理奈拝

⭐️動くこころ絵本、作りました!⭐️
「あなたの笑顔」
特に、新学期が辛い小中高生の皆さんや
頑張るお母さんたちにお届けできましたら
嬉しく思っています。

⭐️次回クラスのお知らせ⭐️
毎月第2日曜日に、都内で親子さま向けに
マインドフルネスとヨガのクラスを開催しています。
今後のレッスンはこちらでお知らせしています。
(次回は、9/8 13:30-14:30、どなたさまでも
単発でもご参加いただけます)

8/5 夏休み☆親子ヨガクラス

8/5に横浜市都筑区にある中川地域ケアプラザ様で、親子ヨガクラスを担当しました。

きほんの呼吸から、ゆっくりと、自分でできるヨガポーズを練習。
周りと協力して、、という感覚も味わってもらえるよう、徐々に親子でできるペアヨガポーズ、グループでできるヨガポーズに展開しました。

それから、踊ってわくわくしてもらうために、ラテンのリズムにあわせてLet’s dance!

今回はチャレンジポーズが戦士IIでしたので、ダンスの振り付けで実践!
ヒップホップやチアリーディングを習っているお子さんもおり、キッズはノリノリ。
お母さま方もはにかみながら・・・きっと、楽しんでくださったことでしょう!

マインドフルネスの講師が本業なので、それももちろんプログラムでご紹介させていただきました。

一連のヨガの最後は大人にもおなじみの「しかばねのポーズ(Shavasana)」(ただ横になるポーズ)なのですが、その後は「小さい自分」(丸く小さくちぢこまる)、「大きい自分」(思いっきり大の字に)をして、身体のサイズの違いから、気持ちがどう変化するかを感じたり。

胡座に戻り、親子で背中合わせで瞑想をして呼吸をあわせる練習もよいものです。

そして最後は、「食べる瞑想」プラクティスを。
いただくお食事に全身全霊で集中する時間は、脳は瞑想をしているのと同じ状態になります。
20180805Yokohama_d_faceok

手のひらの一つのレーズンから、何を見て、何を感じる?
手元に一粒がやってくるまでの道のりをさかのぼってみようね。
先生がこのレーズンをお教室に運んでくる前に、どんなことが必要だったかな?
ひとの労力、輸送の車などのエネルギー、そして大切な、自然の力もあるよね。

子どもたちはのびのびと、自由に、答えてくれます。
今回は、太陽、雨、風が必要だ。。という答えに加えて、「花が咲かないと」「鳥がふんをしたり、受粉を助けないと」といったコメントも!

では、よおく観察しよう。

じっくり見ると、何が見える?
香りはどう?
お口のうごきを感じてみようね。
歯のうごきは、どうかな。
べろは、しっかり回っている?
つばのあじは、いつもとちがう?

という問いには、

アーモンドって、木の枝のような模様があるんだね。
歯がよく上下にも左右にも動いて、つぶしているよ。
あまーいつばが、のどをとおっていったよ。
こうばしい香りが、するね。

みんな、すばらしいね!ありがとうね。

子どもへのヨガは、大人のヨガとは世界が異なります。美容と健康といった観点や、身体能力アップを目ざす、ということが本質ではありません。

  • まずは、周りのお友達とは比べないこと。
  • 自分の”ちょうど良い”、”これ以上は無理だからやらなくて良い”を知るということ。
  • 自分の一番のお友達は、自分。
  • そして、みんなでやると楽しいね!という思いもたいせつ。

キッズが主人公のこういった場を親が見守るひとときには、豊かさがあります。

お母さま方は、ヨガの時には汗をかいて一緒にがんばりました!
マインドフルネスの時間は、じっくりゆったりした時間をお子さまと。

親子さまたちの嬉しそうなお顔を見ていると、この時間をご一緒できて良かったと、しみじみ感謝の念が湧いてきます。

次回はお父さま方のお越しも楽しみにしております!^^

みーのんのん真理奈より、感謝を込めて。
今日もたくさんの子どもたちが、愛と平和の中で、いのちを楽しんでいますように!

ーーー
今後の催しのお知らせです:
8/11 Marina Lei MILKY (Mindfulness for Kids with Yoga): 月一度のキッズヨガクラスです!
お申し込みはFBにて個別メッセージをいただいていますhttps://www.facebook.com/pg/marinaleikidsyoga/posts/

9/1 夏休み 親子マインドフルネス講座:「今・ここ」に生きている幸せを感じるために。マインドフルネスの実践的なテクニックをお伝えする場です。
お申し込みはこちらからどうぞ
https://20180901kidsmindfulness.peatix.com/view