贈りものの季節

「自分の一番の親友は自分自身」と
子どもや大人が気づくために
お伝えをしている戸塚真理奈です。

あっという間の一年ですね。
今年も無事に年の瀬を迎えられていることに感謝しています。

今はまさに、贈りものの季節ですね。

マインドフルネスとヨガのクラスをボランティアで
お届けしている都内の児童養護施設では、
11月のクラスで子どもたちが
「シール帳を作りたい!」と提案してくれていました。

クラスの最後にひとり一枚渡している参加賞のシールを
貯めるブックがあると、ポイントカードのようで
嬉しいというのです。

そこで今月のクラスでは、職員さんが
画用紙、文房具、マスキングテープなどを
用意してくださっており、後半はシール帳作りを。

せっせと切ったり貼ったりをしている子どもたちを
眺めていて、ふと感じました。

ボランティアをしながら
感覚的にはエネルギーや時間を
私から「差し上げている」と
思っていたけれど、実は全くの逆。

昨年の夏、マインドフルネスやヨガ初体験だった子どもたち。
一年半ほどが経つ中、皆勤賞の子もいれば、
ポイントカードがあればもっと良いと提案をしてくれる子もいる。
忙しいのに準備してくださる職員さんもいる。

私のほうが、いただいてばかりなのでした。
そんな気づきを頂戴したYear-endです。

クリスマスにあわせて、大切な友人たちが
こころのこもったナチュラルな贈り物をくださいました。

手に取れるありがたい贈り物に加えて、
誰かとの繋がり合いや、ひとの優しさ、
自然のめぐり、楽しい時間といった
目には見えないけれど
幸せな気持ちにさせてくれるあらゆるものが
私たちのもとに贈られてきます。

ほんとうは一年中、毎日贈られてきていますが、
特に気づきやすいのが今の季節だと感じます。

こころで、ちゃんと見ていきたいものですね。

お読みくださり、ありがとうございます。

I WANT it! I LOVE it! I CAN do it!

「自分の一番の親友は自分自身」と
子どもや大人が気づくために
お伝えをしている戸塚真理奈です。

毎月お伺いする児童養護施設での
ボランティアでは
子どもたちの成長の早さ、
みずみずしい感性に、
たくましい生命の力に、
刮目するばかりです。

(子どもたちは施設内で
お菓子の箱を使って
何かの植物を育てています。
お花が咲きますように!)

「もし仲良しの○○ちゃんが
参加するなら私も来月参加してもいいよ」、、と
はじめモジモジしていた女の子。

今では、一番乗りでひとりでやってきて、
「このクラス、大好き。とても楽しいし
静かに落ち着ける」と
そうっと伝えに来てくれます。

クリエイティビティを
爆発させてくれる子も。

毎回動くエクササイズで
ヨガの太陽礼拝を練習しますが

一連のポーズの最後、
胸の前で合掌するところを
「back to your heartのポーズ」と呼んで
(英日ミックスで伝えています)
合掌の代わりに
心臓で両手を重ねるよう
指導していると、

「そのあとは、die=死ぬ のポーズね!」
(心臓を押さえて前に倒れこむ)
「そのあとは、zombie=ゾンビのポーズ!」
(床を這い回る)
「最後は、reborn=再生 のポーズ!」
(一番始めの、直立体勢に戻る)

これは、まさに生命の巡り!
(ゾンビは実在するのか知りませんが、、^^;)
インドのヨギーもびっくりの
創造力・想像力で追加してくれます。

(ホワイトボードに絵を描いて
見せてくれる子も。)

ダンスのパートは
子どもたちは大のお気に入り。
いつもつい注意が
散漫になってしまう子も
「もう一回やろうよー!」と
2回、3回繰り返します。

足だけのステップに、自分発で
手拍子を加えてくれたりします。

嬉しいなぁ。

大人のせいで、
小さな箱に
閉じ込められたエネルギー。

慣れない場所で、大勢の生活で、
縮こまっていたものが、

「I WANT it!」
「I LOVE it!」
「I CAN do it!」

別に彼らは英語で
伝えてくるわけでは
ありませんが、
爆発するエネルギーを言葉で
表すならこんな感じでしょう。

大人の皆さんもこの言葉を
声に出して感じて
みてくださいね。

「I WANT it!」
「I LOVE it!」
「I CAN do it!」

お読みくださり
ありがとうございます。

戸塚 真理奈