こどもの願いは:「みんなにちゃんと会えますように」ーこどもとおとなのアサカツクラブ全16回が終了ー

全16回のレッスンを毎朝お届けすることも、
前夜にフリップ描きをすることも、
zoomでお子さまをお迎えしたことも、
もう初めて尽くしの
「こどもとおとなのアサカツクラブ」が
今朝をもって一旦終了しました。

忙しい中を縫って
お子さまとご自身を整えるために
参加してくださっていた
全ての皆さまに御礼申し上げます。

テーマの学びを一度もダブらずに
お届けできたことや
(マインドフルネスとEQの世界は
海のように広く、深いのです!^^)、
親子さまにリピーターとして
ご参加いただけたことは、
私自身にとっても、
小さな自信の芽になりました。

アサカツを通じて
お伝えしたかったことは
色々とありまして、
自分で気持ちを変えたり
落ちつけたりできることや、
「すでに持っているもの」に
目を向ける方がポジティブな感覚が
得られること、
「みんな」のことを
いつも考えながら「LOVE」を上げると
こころが温かくなることなど、など、など・・

その中から、少しでも日頃への
take-away(持ち帰れる学びや気づき)を
得ていただけたようでしたら、
とても嬉しく思います。

今後は平日の毎朝ではないかもしれませんが
単発のワークショップなど、
またご案内できればと思っております。

今週のテーマワードは「HOPE」(願い)。
最終回の今日は
「zoomに参加している
(必ずしもお友達関係ではない)子たち
”みんな”のために、何を願うか」を
それぞれ発言してもらいました。

今週大活躍したフリップたち。

「みんなにちゃんと会えますように」
「みんなと一緒にいたい」

胸がキュンキュンする言葉をたくさん
シェアしてもらいました。

先生も、みんながこれからも元気で
どこかのタイミングで
ちゃんと直接会っておしゃべりしたり
一緒に遊べたりできることを祈っています。

おとなの大勢がzoomって便利だな!
(もうこれで賄える)と感じていますが
こどもはやっぱり直に会いたいって思っています。
こどもの感性から、おとなも気づきを得る発言でした。

今回、単発でご参加くださった親子さま、
毎朝必ず来てくださっていた親子さま
それぞれいらっしゃいました。
スケジュールやタイミング見合いですので
ご参加回数に全く関係なく
とにかく、出会ってくださり
ご体験いただけたことに
こころより感謝しています。

Let’s be well – みんなでこれからも元気で
この時を乗り越えていきましょう!

お読みいただき、ありがとうございます。

レッスン中にクイズのお題となった彼らの名前と年齢。くまたろう(5さい)&ネズじろう(48さい!)兄弟も「また会おうね!」

HOPEでひとに優しさをあげられる

「自分の一番の親友は自分自身」と
子どもや大人が気づけるよう
お伝えをしている戸塚真理奈です。

新型コロナウィルスの影響でSTAY HOME中の
子どもたちとおとなたちに現在、
平日朝8時半より
子どもとおとなのアサカツクラブ」を
zoomで開催しています(ご参加無料です)。

今週は、「HOPE」をテーマに学んでいます。
「HOPE」は深いワードですね
(昨日は、「HOPEの意味は、星の気持ち」だと
意味を考えてくれた6歳児も!🤗❤️)。

今の状況の中で、大人にも子どもにも
みんなに必要なワードですね。

「ホープ星人」のお口で、ほーぷって言ってみましょう!
ちなみにこちらは第一弾で描いた、ボツフリップ。。怖 私は保育士には向いていない。。

HOPE(願い、希望)を誰かのために持ってあげて
それを相手に伝えてあげると、
自分は、相手は、どんな「気持ち」(Feeling)になるかな。

小学生でも
「コンパッション(大変な状況にある
誰かのための優しさと思いやり)」は
十分わかっている様子。

ひとには内なる知恵があって、
年齢ではないし、
誰かに教わることでもない。
そのような深い世界を
見せていただいています。

ところで、画像は、いつも参加してくれている
お子さんがママと作ってくれた「イメージ・レゴ」。
ご報告いただいて、嬉しくて大感激!

さて、何のイメージでしょうか?


これは、呼吸の「IN=吸う」(左)と、
「OUT=吐く」(右)を表しているそうで、
左はママ作、右はお子さん作。
4歳です。
ちゃんと箱の中に「ハァ〜」できてますね😊👏 
もうびっくり。

アサカツはいよいよ残り2日間となりました
(4月末までです。今後は不定期にWSなど
開催するかもしれません)。

みなさま、どうぞひき続きご自愛くださいね。
この時期をみんなで元気に乗り切ってまいりましょう!

お読みくださり、ありがとうございます。

「EARTH」に、いただきます!

「自分の一番の親友は自分自身」と
子どもや大人が気づけるよう
お伝えをしている戸塚真理奈です。

新型コロナウィルスの影響でSTAY HOME中の
子どもたちとおとなたちために現在、
平日朝8時半より「子どもとおとなのアサカツクラブ」を
zoomで開催しています。

無料で、(ペアレンツでなくても)
どなたでもご参加いただける場です。

マインドフルネスとEQ(感情知性)をテーマに、
普段、企業研修でお伝えしているワークを
ここ2週間ほど、毎日お届けしています。

さて、今日は、アースデイ(EARTH DAY)。

地球に感謝する日です。

食べるマインドフルネスを
子どもとおとなで楽しみました。

みんなの食べものは、どこから来るの?
食べているとき、お口は何をしているのかな。
いつもの食べ方と、どんなことが違ったかな。

子どもたちから、今日もとっても
素敵なコメントが色々出ました。

12分間の動画にまとめましたので
ご興味お持ちの方はぜひこちらから
ご覧になってくださいね

〜本日の英語ワード:EARTH〜
・EARTHには、地球のほかに「土」という意味も、あります
・EARTHの中には、大切な3文字「ART」が入っています

いま、おとなの不安感を感じて
子どもも気持ちが揺らいでいると思います。

こういう時こそ、ちょっとお外で土いじりをしたり
ARTに触れて気持ちを表現したりするのもいいですね。

☆当法人では、100%ナチュラル、土由来の絵の具を取り扱っています。
ご興味おありの方はこちらからどうぞ

地球に、今日もLOVEを❤️
素敵なEARTH DAYをお過ごしください🌈

お読みくださり、ありがとうございます。

〇〇すると、こころが虹色になるよ!

「自分の一番の親友は自分自身」と
子どもや大人が気づけるよう
お伝えをしている戸塚真理奈です。

新型コロナウィルスの影響でSTAY HOME中の
子どもたちとおとなたちために
平日朝、「子どもとおとなのアサカツクラブ」を
zoomで開催しています。

無料で、(ペアレンツでなくても)
どなたでもご参加いただける場です。

マインドフルネスとEQ(感情知性)をテーマに、
普段、企業研修でお伝えしているワークを
ここ2週間ほど、毎日お届けしています。

幼稚園児でも、ちゃーんとわかるんですよ🤗
しっかりと、書いたり家族とお話ししたり、
丁寧に呼吸したり、取り組んでくれています。

以下は、今日の発表から。

あまりにも可愛い言葉(ほんの一例)を、
忘れないようにここにメモします😊

🌈4歳児「おやつを食べると、こころが虹色になる!」
👩‍👧6歳児「ママと一緒にいると、ポカポカ温かい気持ちになる!」
👶8歳児「もうすぐいとこが生まれるので、気持ちがワクワク!」

今日のテーマは、「共感」。
各自の気持ち発表大会に、他の子たちも
「それわかる〜」と挙手。
共感は、年齢に関係ないですね。

zoomでちびっこたちが繋がる様子が、
楽しくて幸せです🥰😄

小さなハートに、それぞれ
色々な気持ちがつまっています。
大変なときだからこそ、
子どもの天真爛漫さや
無邪気さ、純真さを
大切に大人が見守ってあげたいですね❣️

お読みいただき、ありがとうございます。

石巻のお母さんたちと、やっぺす!

「自分の一番の親友は自分自身」と
子どもや大人が気づけるよう
お伝えをしている戸塚真理奈です。

3月6日(金)、都内で開催された
特定非営利活動法人 
石巻復興支援ネットワーク「やっぺす」の
2019年度活動報告会に伺いました。

コロナ姫(と明るく呼ぶようにしています・・)の影響で、スタッフの皆さんは
石巻市に残られましたが、zoomのおかげで
ママウェビナーを受講くださっていた
「やっぺす」スタッフさんの
お顔を拝見できて感無量!

2011年の震災から9年を数える
石巻市の今の様子を知ることができました。

かつて使われた仮設プレハブ住宅は
住民がその後マンションタイプの
復興住宅に移ったため現在は既に取り壊され
インフラ整備も十分に整いつつあること。

一方で、(復興住宅での)孤独死は
震災前と比べ倍増していること。

自ら命を断つ方々は
ここ2、3年増加傾向にあること。

全国で子どもたち(特に中学生)の不登校が
最も多い県が宮城県であり、なかでも
石巻市は県平均よりも高い数であること。

建物やインフラ面の利便性や景観など
外枠は整ったけれど、
住民のコミュニティ、つながりといったものが
分断されてしまっているそうです。

お話を伺っていて、前向きに生活する
気力(まさに気の力)が落ち込んで
しまっている方々が
今でもたくさんいらっしゃる印象を受けました。

「やっぺす」は、石巻の言葉で
「いっしょにやりましょう!」の意味。

そんな「やっぺす」では、
現在13名の石巻地元出身のお母さんたちが、
コミュニティ(ひと)の復興に向けて東奔西走、
住民が交流できるお茶会、
ヨガやウォーキングなどエクササイズ、
コーラス、料理教室などのコミュニティ活動を
展開しています。

そして、地元女性の自立支援のために
就業機会の創出だけでなく
回復力(レジリエンス)のテーマ他
各種の学びの場も創っています。

代表の兼子佳恵さんはとても前向きでパワフルな方で
利他の精神を最大限体現されています。

兼子さんもスタッフの皆さんも、
震災直後、本当はご自身の家族のことや
これからの生活など不安もあったでしょうに、
みんなで復興していこうとすぐに行動に移され、
心から尊敬しています。

左が兼子さん。
私までいっしょになってダブルピース!^^

今回の報告会では、「やっぺす」の支援者である
企業各社からも、震災直後より約10年にわたり
色々な形であゆみを共にしてきたエピソードが共有され
目頭が熱くなりました。

私自身は、兼子さんとは2018年末にご縁をいただいたのですが
今年の1月から5回シリーズで幸福学の研究家の
前野マドカさんと一緒にお届けしたママウェビナーにおいて
「やっぺす」のスタッフの方々10名をお迎えする
貴重な機会に恵まれました。

今回の報告会では改めて
彼女たちが行動力と熱意(モチベーション)をもって
利他の精神、前向きさ、そして
内側に既にある、人としての知恵に
基づいた思いやり「コンパッション」を
十分に体現していらっしゃることに感銘を受けました。

でも、大震災の直後から10年近くにわたり
「大勢の人々のために」尽力するということは
終わりのない旅路であっただろうと拝察します。
(おそらく「もっと○○してあげたら良かったのに」や
「もっと○○できる、やっていこう」と
思い続けていらっしゃったのではないかと思うのです)

そんな彼女たちに
まずは十二分に他者のために励まれてきたご自分に、
労いと思いやりと優しさを
届けていただきたいという願いを
今回ご受講いただく上で込めていました。

ウェビナーでは、
・幸せ感は、気づくことでアップさせられること
・自分自身に優しく思いやりをあげることは甘えではなく、むしろ必要であること
・長期的な幸せのためには4つの要素があること
などをお届けしました。

これからはご自身についても、
大切な一人の人間として
ケアしたり優しく思いやることも必要だと
感じていただけたら
これほど嬉しいことはありません。

「やっぺす」は、女性の”私らしく生きる”を
石巻で応援しているチーム。
私も、彼女たちの「いっしょにやりましょう!」の気持ちを
大切に、自分にできる形でこれからも
彼女たちを熱く応援させていただきたいと願っています。

お読みくださり、ありがとうございます。




「マドカとマリナのママウェビナー」発足に至った想い

「自分の一番の親友は自分自身」と
子どもや大人が気づくために
お伝えをしている戸塚真理奈です。

「マドカとマリナのママウェビナー」が
いよいよ今週土曜日1/11より5週連続で開催です。
お申し込みは明日の真夜中(1/10 0:00)まで受け付けております。
詳細はこちらのリンクからどうぞ!

和やかで楽しく、そしてご自身のための
学びと癒しのお時間となればと講師両名、わくわくしております。

ここで、なぜこのウェビナーを幸福学研究者の前野マドカさんと
発足したのか記します。

最初に・・パパの皆さまも精一杯がんばっていらっしゃることは
よく存じております。ですので、どうぞ以下ご不快に思われませんように・・
(パパたちを責めてしまう意図はゼロなのです!😊)

私は通算3年間ほど米国で生活しておりますが、
日本に帰国するたびに常々感じていたのが
「日本の平日昼間、子どもを連れているのはママばかり」ということでした。
昨春にサラリーマンを卒業し平日に街を出歩くのが多くなった今でも、
その感覚はほとんど変化していません。

とにかく、とにかく、駅でも街でも、小さな子どもと「ママ」の
セット感の強いこと、強いこと。。。

ママたちのセンチメントを想像してみました(以下)。
勝手な思い込みかもしれませんが、
そんなに見当違いでもないかなぁと思っています。

日本の育児取得率は5%、そして子持ちの有配偶男性の家事・家族ケア分担率は世界ワーストレベル。

会社のカルチャーそのものが変革していかないといけないでしょうから、
この状況が変わっていくにはこれから何年もかかるでしょう。
その間にも、ママたちは家庭の中心で、日々子育てに家事に励んでいかれます。

子育てや家事は目立ちにくい地道な動きですが、とてもとても大切なお仕事。「人生、大変なことばかり」「辛いことで私の時間が取られている」
「早く楽になりたい」「正解がわからない」、「ちっとも上手くできない」・・もしそんな気持ちでこころがいっぱいに埋まってしまっていたら、
一人の女性の人生の時間が貴重すぎて、もったいないと感じます。

ですので、Let’s do something!
(直訳「どげんかせんといかん」、、
かつて流行語大賞にもなりましたね、懐かしい!^^)
という気持ちで、このウェビナーを発足しました。

幸福学やマインドフルネス&EQの世界に触れていただくことで、
ほんの少し気持ちが楽で前向きになり、
「ありのままの自分、最高に幸せ!」と
自分を愛して信じて誇る女性たちが一人でも日本で増えますように。

そのような願いを持ち寄らせていただいています。

お読みくださり、ありがとうございます。

贈りものの季節

「自分の一番の親友は自分自身」と
子どもや大人が気づくために
お伝えをしている戸塚真理奈です。

あっという間の一年ですね。
今年も無事に年の瀬を迎えられていることに感謝しています。

今はまさに、贈りものの季節ですね。

マインドフルネスとヨガのクラスをボランティアで
お届けしている都内の児童養護施設では、
11月のクラスで子どもたちが
「シール帳を作りたい!」と提案してくれていました。

クラスの最後にひとり一枚渡している参加賞のシールを
貯めるブックがあると、ポイントカードのようで
嬉しいというのです。

そこで今月のクラスでは、職員さんが
画用紙、文房具、マスキングテープなどを
用意してくださっており、後半はシール帳作りを。

せっせと切ったり貼ったりをしている子どもたちを
眺めていて、ふと感じました。

ボランティアをしながら
感覚的にはエネルギーや時間を
私から「差し上げている」と
思っていたけれど、実は全くの逆。

昨年の夏、マインドフルネスやヨガ初体験だった子どもたち。
一年半ほどが経つ中、皆勤賞の子もいれば、
ポイントカードがあればもっと良いと提案をしてくれる子もいる。
忙しいのに準備してくださる職員さんもいる。

私のほうが、いただいてばかりなのでした。
そんな気づきを頂戴したYear-endです。

クリスマスにあわせて、大切な友人たちが
こころのこもったナチュラルな贈り物をくださいました。

手に取れるありがたい贈り物に加えて、
誰かとの繋がり合いや、ひとの優しさ、
自然のめぐり、楽しい時間といった
目には見えないけれど
幸せな気持ちにさせてくれるあらゆるものが
私たちのもとに贈られてきます。

ほんとうは一年中、毎日贈られてきていますが、
特に気づきやすいのが今の季節だと感じます。

こころで、ちゃんと見ていきたいものですね。

お読みくださり、ありがとうございます。

I WANT it! I LOVE it! I CAN do it!

「自分の一番の親友は自分自身」と
子どもや大人が気づくために
お伝えをしている戸塚真理奈です。

毎月お伺いする児童養護施設での
ボランティアでは
子どもたちの成長の早さ、
みずみずしい感性に、
たくましい生命の力に、
刮目するばかりです。

(子どもたちは施設内で
お菓子の箱を使って
何かの植物を育てています。
お花が咲きますように!)

「もし仲良しの○○ちゃんが
参加するなら私も来月参加してもいいよ」、、と
はじめモジモジしていた女の子。

今では、一番乗りでひとりでやってきて、
「このクラス、大好き。とても楽しいし
静かに落ち着ける」と
そうっと伝えに来てくれます。

クリエイティビティを
爆発させてくれる子も。

毎回動くエクササイズで
ヨガの太陽礼拝を練習しますが

一連のポーズの最後、
胸の前で合掌するところを
「back to your heartのポーズ」と呼んで
(英日ミックスで伝えています)
合掌の代わりに
心臓で両手を重ねるよう
指導していると、

「そのあとは、die=死ぬ のポーズね!」
(心臓を押さえて前に倒れこむ)
「そのあとは、zombie=ゾンビのポーズ!」
(床を這い回る)
「最後は、reborn=再生 のポーズ!」
(一番始めの、直立体勢に戻る)

これは、まさに生命の巡り!
(ゾンビは実在するのか知りませんが、、^^;)
インドのヨギーもびっくりの
創造力・想像力で追加してくれます。

(ホワイトボードに絵を描いて
見せてくれる子も。)

ダンスのパートは
子どもたちは大のお気に入り。
いつもつい注意が
散漫になってしまう子も
「もう一回やろうよー!」と
2回、3回繰り返します。

足だけのステップに、自分発で
手拍子を加えてくれたりします。

嬉しいなぁ。

大人のせいで、
小さな箱に
閉じ込められたエネルギー。

慣れない場所で、大勢の生活で、
縮こまっていたものが、

「I WANT it!」
「I LOVE it!」
「I CAN do it!」

別に彼らは英語で
伝えてくるわけでは
ありませんが、
爆発するエネルギーを言葉で
表すならこんな感じでしょう。

大人の皆さんもこの言葉を
声に出して感じて
みてくださいね。

「I WANT it!」
「I LOVE it!」
「I CAN do it!」

お読みくださり
ありがとうございます。

戸塚 真理奈

生きとし生けるものに耳を傾けること

「自分の一番の親友は自分自身」と
子どもや大人が気づくために
お伝えをしている戸塚真理奈です。

9月22日は、鎌倉・建長寺で
行われたZen 2.0に参加しました。

今年は1日だけの参加でしたが、
鎌倉の深い森に守られ
新しい考えを自分に取り込んだり、
気づきを得たり
旧友と再会したり、
たくさんのときめきを得た1日となりました。

この日、一番インスピレーションを
受けた言葉を記します。

“本物の「利口」とは、
草木やものからのメッセージを受け取り、
口利きができるかどうかである”

京都大学名誉教授の哲学者・宗教学者の
鎌田東二先生が話されました。
鎌田先生は、
言霊の研究家でもいらっしゃいます。

「耳」は、ミ・ミの音から成る
これは、「身・身」と同じ意だそうです。

生きとし生けるものの全てが
発する言葉、歌。
それをしっかりと汲み取る力は
古代より日本人が何よりも大切に
してきたものであり、
現代を生きる私たちにも求められている。

そのような、素晴らしいお話でした。

折しも、昨日は国連において
グレタさんが全身全霊で
環境破壊(&Mass extinction=生物の大量絶滅)に
ついて訴えました。

鎌田先生のメッセージが
グレタさんという
若い世代の純粋な心の叫びと重なり、
響きました。

環境関連の報道が耳や目に入ってくる時
遠い所での首脳陣の取り組みなのだと
ただ眺めるだけの反応と
自分も何かしなければと焦りを感じる
反応があると思います。

後者は、あれもこれもに目が行き
パニックになりそうになる。
プラスチックごみを捨てる時に
罪悪感に潰されそうになる。

みんなで取り組まないといけない
問題ですが、
気持ちの疲労感を持ち続けると
取り組み自体がしんどいものに
なるのではないかと感じます。

地球は今、危機的状況にある。

では、自分たちにできる
「前向きに、続けられるやり方」は何だろう。

(私はお肉さんは基本的に卒業してしまいましたが)
今週、今日1日、何回、どの位のお肉を食べたか

自動車・バイクの運転頻度と距離は?

PETボトルを何本自分の手に取ったか
(リサイクル率は100%ではなく、2017年は
90,000トンのプラスチックは再生化されず地球のごみに

きちんと、エコバックを常備したり、
蜜蝋ラップで食べ物をくるんだりしているか

ネット会議で済む所を、何回飛行機で出張に行ったか

などなど。

少しずつ少しずつ、の時間が
残されていない地球のために。


まずはできることから、
罪悪を感じないバランスを探し、
着実に取り組んでいくこと、
そして、
「前向きに取り組む自分自身を
きちんと認識すること」が
大切なのだと感じています。

夏が5年前より、10年前よりも
激しく暑くなっていること、
アレルギーの症状に悩む人々が
間違いなく増えていること、、、

生きとし生けるものが奏でる歌に
しっかりと耳を傾けていきましょう。

お読みくださり、ありがとうございます。

真理奈拝

女神さまたちのためのマインドフルネス

「自分の一番の親友は自分自身」と
子どもや大人が気づくために
お伝えをしている戸塚真理奈です。

今日は元総合格闘家である
大山峻護さん考案の
「ウーマンファイトネス」との
コラボの機会をいただき、

社会・家庭で活躍する女性たちに
“女神さまたちのための
マインドフルネス”を
お届けしました。

女性は、みんな
女神さまのタネを持っている。

私は本気で
そう信じています。

誰かに水を注いでもらう
(言葉でメッセージをもらう)のを
待っているタネ。

僭越ながら、それならば!と
次のようなテーマで瞑想ワークを。

先人たちの智慧の詰まった
瞑想リードの言葉をアレンジし、
女性たちのためにお届けしました。

マインドフルに、伝えられる言葉を聞く時に
心や体でどういった変化・気づきが得られるか
好奇心を持って、観察をしていきます。

<テーマ>

○ 自分自身が、すでに完全な
女性の生命体であったことに目を向ける

○「慈しみの瞑想」になぞらえて・・
私と、まわりが
「健やか/ 穏やか/
愛の素晴らしさを体現する存在/ 平和」
でありますようにと祈りを捧げる

○4つのエレメントの瞑想になぞらえて
ビジュアライゼーション
① 私はどっしりとした山 
揺らがず、堅い決意を持っている
② 私は大輪の花 
華やかに才能を開花し
優しさと笑顔をまわりに届ける
③ 私は泉 
澄んだ心で、見通す力を持っている
④ 私は空気 
求める人々に応じ、軽やかにすぐに助けを届ける


(自分が)女神さまの子孫と
再認識した女性たちの、
さらなる飛躍を心から
お祈りしております🙏🙏🙏

お読みくださり、
ありがとうございます。

真理奈拝

⭐️動くこころ絵本、作りました!⭐️
「あなたの笑顔」
特に、新学期が辛い小中高生の皆さんや
頑張るお母さんたちにお届けできましたら
嬉しく思っています。

⭐️次回親子さまマインドフルネスクラスのお知らせ⭐️
毎月第2日曜日に、都内で親子さま向けに
マインドフルネスとヨガのクラスを開催しています。
今後のレッスンはこちらでお知らせしています。
(次回は、9/8 13:30-14:30、どなたさまでも
単発でもご参加いただけます)